【パウダーVS固形VSリキッド】ミネラルファンデーションの口コミ勝負!

イチオシを探せ!ミネラルファンデーションのタイプ別口コミまとめ

1、ファンデーションの種類

ファンデーションには、パウダー・固形・リキッドなどの種類があります。

肌に優しいのはどれ?ファンデーションの種類について

まず、それぞれの特長を見ていきましょう。

<パウダー>

粉状のファンデーションです。厚塗りにならず、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

肌に浮き出る皮脂に反応して肌にくっつく性質があるため、化粧崩れもしにくい特長が。ミネラルファンデーションによく見られるタイプですね。

<固形(プレスパウダー)>

粉を固めたファンデーションです。さっと塗れて、ある程度カバー力もあるのが重宝されています。

専用コンパクトは別売りになっていることが多く、また、落とすなどして固形が割れてしまうと使用できなくなるので、注意が必要。

こちらは固める際に添加物を使うので、その点ではあまり肌に優しいとは言えません。

<リキッド>

液状のファンデーションです。カバー力に優れているため、カバー重視の方から支持を集めています。

リキッドを塗った後、仕上げにパウダーをつかうことが一般的です。

液状にする段階で添加物を使うこと、カバー力をアップさせるために合成ポリマーなどをつかうことがあり、肌に優しいという視点から考えると、成分に注意が必要です。

以上が、主なファンデーションの種類と特長です。このほかにも、クリームやスティックタイプなどがあります。

肌に優しいを重視すると、パウダーが一番オススメ

肌に優しいかどうかを重要視すると、パウダータイプのファンデーションが一番肌に優しいでしょう。

パウダーの場合は、成分をそのままの形でファンデーションにするため、100%天然成分でつくることも可能です。

逆に、リキッドやクリーム、固形タイプは、それを、液状、固形状にする段階で、どうしても、界面活性剤を使う必要があります。界面活性剤は、油と水を混ぜることのできる便利な成分ですが、特に合成のものは肌のバリアを壊して肌の細胞を壊す恐れもあり、できる限り使わないようにしたいものです。

以上のように、肌への優しさを考えた場合、ファンデーションの形状はパウダーがオススメといえます。

【パウダーVS固形VSリキッド】ミネラルファンデーションの口コミ勝負!